オスグッド病とオーバーユース症候群

オスグッド病つまり、オスグッド・シュラッター病、オスグッド・シュラッター症候群(しょうこうぐん)になりやすいスポーツとか一体、どんなモノがあるのでしょうか?

1つ言えることは、小学生高学年から中学生というのは、まだ身体が完全に出来上がっていない時期です。

しかし、大体、スポーツを本格的に始めるのもまた、小学生高学年から中学生辺りなのです。

と、いうことは、身体が完全に出来上がっていないという前提でトレーニングをしないと、スポーツのし過ぎで身体に 異変をが生じてしまうのです。

それを、オーバーユース症候群 (使い過ぎ)と言います。

このオーバーユース症候群(しょうこうぐん)の代表的な症状がオスグッド・シュラッター病、オスグッド・シュラッター症候群(しょうこうぐん)なのです。

ですから、このオーバーユース症候群を防ぐようにトレーニングすれば逆にどんなスポーツでも大丈夫なのですが…。

そのオーバーユース症候群(しょうこうぐん)になりやすいトレーニングが、反復練習なのです。

馬鹿言うな!反復練習こそスポーツだ!と怒られそうですが、身体の色々な場所を交互に運動させ、一部分に負担をかけないのならどうでしょうか?

折角の逸材も消耗してしまっては意味がありませんよね。

参考サイト>簡単オスグッド術